歴史的音源

歴史的音源について

目次




このサイトについて

このサイトは国立国会図書館デジタルコレクション内の資料のうち、歴史的音源のみを検索・再生するためのものです。

トップページはhttp://rekion.dl.ndl.go.jpです。

図書、雑誌等、他のデジタル化資料をご利用になりたい場合は、国立国会図書館デジタルコレクション(全デジタル化資料)、近代デジタルライブラリー(インターネットから閲覧可能な図書、雑誌のみ)をご利用ください。

歴史的音源の概要

平成19(2007)年、歴史的・文化的資産である初期のレコード(SP盤)及び原盤の劣化、散逸等による音源の喪失を防ぐため、日本放送協会(NHK)、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)、社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協)、財団法人日本伝統文化振興財団、特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)及び一般社団法人日本レコード協会(RIAJ)の6団体が参加して歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)が設立されました(名称は当時)。そして、1900年初頭から1950年頃までに国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説等、約5万の音源のデジタル化を開始しました。

当館は、これらの貴重な音源を広く国民に公開するため平成23年5月から歴史的音源の提供を始め、平成25年9月までに全音源約5万点を公開しました。

※音源の元となったSP盤、金属原盤等は、国立国会図書館では所蔵していません。

HiRACのプレスリリースや、国立国会図書館月報の記事もご覧ください。

著作権・公開範囲について

収録音源の著作権(著作隣接権)は、各音源の著作権者(著作隣接権者)に帰属しています。

著作権(著作隣接権)の保護期間が満了した音源は、インターネットに公開しています。→インターネット公開音源の一覧

それ以外は配信提供参加館、および国立国会図書館の館内でのみ聞くことができます。→全音源の一覧

公立図書館等への配信提供について

公立図書館等から申請があった場合に、全音源の配信提供を行っています。

詳しくは配信提供に関するページをご覧ください。

現在の参加館は参加館一覧をご覧ください。

件数・音源リスト

 最新の件数は、一覧画面の検索結果件数をご確認ください。

全音源の一覧 インターネット公開音源の一覧

リスト(CSV形式) 全音源(2015年10月現在) | インターネット公開音源(2015年10月現在)

リスト(XLSX形式) 全音源(2015年10月現在) | インターネット公開音源(2015年10月現在)

ジャンルについて

このサイトでは、歴史的音源をジャンルで検索することができます。収録音源に付与しているジャンル(大分類、小分類)については、「歴史的音源」収録音源のジャンル一覧をご覧ください。

トップページの「ジャンルで探す」の各ジャンル名をクリックすると、大分類ごとの音源の一覧が表示されます。より細かい分類(小分類)ごとの音源を表示するには、「詳細検索」画面を開き、「ジャンル」欄に小分類名を入力して検索して下さい。

ジャンル検索時の注意
  • 検索結果一覧に表示される件数の上限は1000件です。検索結果が1000件を超える場合は、左の「絞り込み」から絞り込んで下さい。(作詞・作曲家名を入力したり、年代を限定したりして下さい。)
  • 一部、ジャンル未付与のものがあります。
  • 「劇音楽」には、オペラ、ミュージカル、バレエ、映画伴奏が含まれます。
  • 「三味線楽(浄瑠璃)」には、古浄瑠璃,義太夫節,河東節,一中節,宮薗(薗八)節,荻江節,常盤津節,富本節,清元節,新内節が含まれます。
  • 各音源に付与されたジャンルは、再生画面の左側「書誌情報」の詳細レコードの「件名」に表示されます。件名には、当館が付与した統制ジャンルのほか、各レコード会社が付与したジャンル名も記載されています。詳細検索画面の「ジャンル」欄では、各レコード会社が付与したジャンル名でも検索できますが、各社/時代によるジャンル名の揺れ(例:「民謡」と「俚謡」、「歌謡曲」と「流行歌」など)にかかわらず、同ジャンルの音源の検索結果を得るには、当館付与の「大分類」「小分類」をお使いください。

推奨環境・利用方法

ヘルプをご覧ください。

リンクについて

リンクは自由に張っていただけます。

個々の資料にリンクを張る際は、ブラウザのURL欄にある「http://rekion.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/{数字}」の形のURLをご利用ください。

トップページのURLは「http://rekion.dl.ndl.go.jp」です。

音源の転載等について

転載や個人利用のためにmp3等のファイルで提供するサービスは、当館では行っておりません。

免責事項

当館ホームページの「免責事項」のとおりです。